2008年11月18日火曜日

ジャジャ馬 AVR mkII Liteデバッガ

今回購入したAVR mkII Liteデバッガはかなりのジャジャ馬(それとも駄馬?)であることがわかりました。
無邪気に動かしても、AVRマイコンと接続できないでハマってしまいます。
これは備忘録に残しておかないと、しばらくすると忘れちゃうでしょうから、ちょっと記録しておきます。

まず、Mac上のWindows(Parallels Desktop for mac)から動かせるか?ですが、動かせます。
ていうか、私が動かした限り、ピュアWindowsマシンと振る舞いは変わらなく見えます。
つまり、Windowsマシンでもハマるということです。

では、動作させてみます。
まず、初めての書き込みは説明書通りに行えば、意外にあっさり行くと思います。
まぁ、説明書のPDFは、Ver4.14のAVRStudioの画面ではなく、もっと前のバージョンの画面で説明しているので(さすが安物、こんなところにも質の低さが露呈しています。)、なんとなく想像するしかありません。
ネットで調べてみると、このAVR mkII Liteの筐体が全然違うので、最近モデルチェンジしたのでしょう。なので、それらとは振る舞いが違う可能性があります。$45→$39にコストダウンしたからかもしれません。
書き込みは、"STK500 or AVRISP"を選択しないと動きません。間違っても、"JTAG mkII"を選択しないことです。まずはここでハマることでしょう。

さて、1度書き込みが終わると、デバッグモードにしたくなります。
ここで、キーポイントは、ターゲットの電源OFF/ONです。これをやらないと一生うまく繋がらないと思います。
まず、"Start Debugging"をアイコンからクリックします。
1回目はいきなり以下のダイアログが出ます。

これはマニュアルにはない、ダイアログです。ここではキャンセルを押します。OKを押してもFirmwareアップデートに失敗した、と言われるだけで終わってしまいます。
で、このダイアログをキャンセルすると、右下のステータスバーで以下の表示が6回ほどトグルするので、灰色の表示になるまで放っておきます(15秒くらいかな)。


で、もう1回"Start Debugging"を選択します。
次は、以下のようなダイアログが出ます。"JTAG mkII"と、使うAVRマイコンを選択し、"Finish"を選択します。

この後、1回目で出たダイアログをキャンセルすれば、うまくいけば、これでデバッグモード状態になるはずです。
ここでうまくいかないときは、一旦ターゲット電源をOFF/ONして、同じ操作を繰り返します

途中で、以下のダイアログが出ることがあります。

この時は、"Use SPI to enable debugWire interface"を選択します。すると、次のダイアログが出ると思うので、再試行ボタンを押す前に、ターゲット電源をOFF/ONします。

これで、たぶん接続できます。あー、面倒くさい!
デバッグでソースを修正したときは、上記操作を繰り返すことになります。

再び書き込みモード(ISPモード)にするときは、メニューの"Debug"から、"JTAG mkII Options"を選んで、出てきたダイアログで"disable debugWire"を選びましょう。これを忘れるとISPモードで通信エラーとなって、書き込みが出来ないです。当然、接続すら出来ません。
その次に、ターゲット電源を必ずOFF/ONしてください。


どうですか?使いこなせますか?
ちなみに私はここまで押さえるのに丸一日かかりました。トホホ。
こんなに使いづらいデバッガは初めてです。
このデバッガを使う人は覚悟した方がいいです。
一応、お断りしておきますが、このやり方は私の環境で、ということですので、他の人はもっとスムーズに動くかも知れないし、もっと動かないかも知れません。

これからこんなデバッガを使うのかと思うと、気が重いです。orz

3 件のコメント:

どんゆう(Ouch!弟) さんのコメント...

お~、解明できたんだ。
宇宙の眼が原因じゃなかったのね(笑)。

だいさん さんのコメント...

通りがかりのものです。
私も、AVR mk2 Liteを買いました。安かったので・・・
残念ながら、貼り付けられた画面が見えないので、どのような画面が出ているのかはわかりませんが、
最初の起動時にdebugWireを有効にして、最後にdebugWireを無効にするって話なら、原理的には純正も同じような動作になると思います。
なので、マニュアルが腐ってるだけのような気もしますが、どうでしょうか・・・・

なお、当方では最新のVer4.16の環境で動いてます。(ファームのアップデートなどはしてません)

めだか さんのコメント...

先日、AVR MkII Liteをアップデートミス
で再起不能にしてしまいました。
中を開けるとJ-TAGの10ピンヘッダが
あるので、アップデート用のFirmwareを
書いてみましたが、ダメでした。
USB部分とローだ部分が健在でないと無理
のようでした。
何方か、別のJTAG-ICEでファームを
抜き取ったファイルをお持ちの方、いないで
しょうかね?